Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Docker、脆弱性「Leaky Vessels」を修正したアップデートを公開

Dockerは、コンテナのコアコンポーネントに脆弱性「Leaky Vessels」が見つかった問題で、アップデートをリリースした。

ランタイムである「runc」やイメージのビルドに用いる「Buildkit」に「Leaky Vessels」と名付けられた4件の脆弱性「CVE-2024-21626」「CVE-2024-23651」「CVE-2024-23652」「CVE-2024-23653」が判明したもの。

「Docker Engine 25.0.1」「同24.0.8」「Docker Desktop 4.27.0」および以前のバージョンが影響を受ける。脆弱性の影響については「高(High)」とレーティングした。

脆弱性は「runc1.1.12」「Buildkit 0.12.5」にて修正されており、これらを反映した「Moby(Docker Engine)25.0.2」「同24.0.9」を現地時間1月31日にリリース。翌2月1日より「Docker Desktop 4.27.1」を提供している。

また「BuildKit 0.12.5」に関しては、「Leaky Vessels」にて指摘された4件の脆弱性にくわえて、サービス拒否の脆弱性「CVE-2024-23650」に対処したことや、「Moby(Docker Engine)」においてキャッシュを汚染されるおそれがある「CVE-2024-24557」を修正したことを明らかにしている。これら脆弱性の影響は1段階低い「中(Medium)」とした。

Dockerでは、アップデートを強く推奨するとともに、アップデートだけでなく「Dockerイメージ」「Dockerfile」については慎重に使用し、信頼できるコンテンツのみビルドに使用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2024/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
再々委託先の従業員が業務情報を不正ダウンロード - ダイキン
クラウドサービスに不正アクセス、データが削除される - PCIソリューションズ
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用
メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター