Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルアカに不正アクセス、フィッシングの踏み台に - JR西日本ホテルズ

JR西日本ホテルズは、同社が運営する梅小路ポテル京都において、メールアカウントが不正アクセスを受け、フィッシングメールが送信されたことを明らかにした。

同ホテルによれば、2023年12月17日から翌18日にかけてメール送信サーバが不正アクセスを受けたもの。

同ホテルが運用するメールアカウント1件より不特定多数のメールアドレスに対し、フィッシングメールが送信された。同社ではアカウントのパスワードを変更。フィッシングメールの送信は停止している。

2023年12月3日から同月18日にかけて受信したメールを第三者に閲覧された可能性もあるとして調査を行ったが、メール受信サーバに対するアクセスの痕跡なく、受信メールの流出については否定している。

同社は、同ホテルを発信元とする不審なメールを受信していた場合は、返信したり、URLを開かないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2024/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所
家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県