Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Dellのデータ保護アプライアンスに多数脆弱性 - 深刻な脆弱性も

バックアップ機能などを提供するDell Technologies製アプライアンス「Dell PowerProtect Data Manager DM5500」に脆弱性が明らかとなった。サードパーティを含めて40件以上にのぼり、悪用が確認されている脆弱性も含まれる。

同社は現地時間12月4日にセキュリティアドバイザリを公開し、同製品に関連する脆弱性7件のほか、実装されているサードパーティ製ソフトウェアの脆弱性などをアップデートで修正したもの。同社は重要度を「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。

具体的には、「PPOEコンポーネント」においてroot権限を取得されるおそれがある権限昇格の脆弱性「CVE-2023-44304」や、スタックベースのバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2023-44305」、認証不備の脆弱性「CVE-2023-44302」などが判明した。

同社は共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアについて、「CVE-2023-44304」を「8.8」、「CVE-2023-44305」「CVE-2023-44302」をともに「8.1」と評価した。

一方、米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では、「CVE-2023-44305」「CVE-2023-44302」をいずれも「9.8」としている。Dellでは攻撃の複雑性が高いと評価したのに対し、「NVD」では容易に攻撃できると判断した。

(Security NEXT - 2023/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムウェア「ALPHV」、医療分野中心に被害拡大
米司法省、ランサム「ALPHV」関連の複数サイトを押収 - 復号ツールも
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要