Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「FortiOS」に複数の脆弱性 - 「curl」の脆弱性なども影響

さらに「FortiGate」の「FGT_VM64_KVMモデル」のみ対象となるが、「curl」や「libcurl」に起因する「CVE-2023-38545」「CVE-2023-38546」の影響を受けることがわかった。

同社は脆弱性の悪用に認証が必要であるとし、「FortiOS」におけるCVSS基本値を「8.8」と評価。重要度を上から2番目にあたる「高(High)」とレーティングしている。

同社では、対象バージョンを示すとともに脆弱性を修正するアップデートを提供しており、利用者に対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

行政文書ファイル1冊が所在不明、匿名通報で発覚 - 関東財務局
転職による年収アップ、「セキュリティエンジニア」がトップ
クラウド管理製品「VMware Aria Operations」に権限昇格の脆弱性
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
Google、ブラウザ最新版「Chrome 122」を公開 - 複数脆弱性を解消
「Django」にDoS攻撃受けるおそれ - アップデートで対処
行政オンラインシステムで個人情報含む書類を誤交付 - 大阪市消防局
サポート詐欺への対応不備で長野県教委に行政指導 - 個情委
県立高教諭が「偽警告」被害、第三者が業務用端末を遠隔操作 - 長野県
サポート詐欺でPC遠隔操作、個人情報流出の可能性 - 堺市体育館