Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

講座受講者宛のメールをCC送信 - 三重県環境学習情報センター

三重県は、三重県環境学習情報センターの指定管理者においてメールの送信ミスがあり、講座受講者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同県によれば、11月1日に同センターの指定管理者がオンライン講座「羊歯・歯朶・シダを楽しもう」の受講者57人にメールを送信した際、送信先を誤って「CC」に設定するミスがあったという。

受信者間でメールアドレスが閲覧できる状態となり、同日メールを受信した受講者から指摘があり問題が判明した。

指定管理者では対象となる受講者に対し、メールおよび電話で謝罪。誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2023/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

プロキシサーバ「Squid」にサービス拒否の脆弱性
BIツール「Apache Superset」に脆弱性 - アップデートで修正
映画感想投稿キャンペーンで個人情報が閲覧可能に - 映画配給会社
講座申込者宛のメールで誤送信 - 都立特別支援学校
SNSアカを乗っ取られ、削除される - レンズメーカーのシグマ
取材メモがネット流出、派遣スタッフから - NHK
米当局、悪用リストから脆弱性1件を除外 - PoC機能せず、CVEは廃番
「macOS Sonoma 14.1.2」を公開、脆弱性を修正 - 旧OSには「Safari」のアップデート
Apple、「iOS 17.1.2」を公開 - ゼロデイ脆弱性2件に対応
委託先が患者情報を紛失、防犯カメラに誤廃棄時の映像 - 頴田病院