Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウド請求書「INVOY」、一部利用者情報が閲覧できる状態に

与信関連サービスを展開するOLTAは、関連会社が提供するクラウド請求書プラットフォーム「INVOY」の一部利用者において情報流出が発生したことを明らかにした。

同社によれば、関連会社であるFINUXが提供するクラウド請求書プラットフォーム「INVOY」に不具合が判明したもの。2人以上のユーザーがほぼ同時にログインすると、別の利用者情報を閲覧できる状態が発生したという。

対象となる情報は、ユーザー名、ユーザーID、登録メールアドレス、登録日時、契約プラン、パートナーコード、請求書の発行枚数、ユーザーの種別と権限など。

11月7日11時ごろ、利用者より問い合わせがあったことから調査を行ったところ不具合を確認。同日18時過ぎにサービスを停止した。10月4日にも類似した問い合わせがあったが、利用者と連絡が取れないため詳細を把握できず、具体的な対応などは行っていなかった。

同社は、8月7日に実施したアップデートに不備があり、本番環境に適用する前のチェックが不十分だったと説明。不具合については翌8日未明に解消しており、サービスを再開した。

詳細な原因や影響の範囲など引き続き調査を進めている。

(Security NEXT - 2023/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

給与支払報告書を紛失、税額決定通知書の未着から判明 - 練馬区
委託業者が個人情報含むメールを別人に送信 - 東急MD
「フィッシングサイト撲滅チャレンジカップ」を開催 - JC3
設定ミスでイベント申込者の個人情報が閲覧可能に - 東京都
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性