Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 119」をリリース - 15件のセキュリティ修正

Googleは、現地時間10月31日に同社ブラウザの最新版となる「Chrome 119」をリリースした。機能強化のほか、複数の脆弱性に対応している。

Windows向けに「Chrome 119.0.6045.106」「同119.0.6045.105」、「macOS」および「Linux」向けに「同119.0.6045.105」をリリースしたもの。

セキュリティに関する15件の修正を行っており、CVEベースで13件の脆弱性に対処したことを明らかにしている。4段階の重要度においてもっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

重要度が2番目に高い「高(High)」とされる脆弱性は3件。ペイメント機能における実装不備の脆弱性「CVE-2023-5480」をはじめ、USBの処理に明らかとなった「CVE-2023-5482」「CVE-2023-5849」などに対応した。「中(Medium)」とされる脆弱性8件、「低(Low)」とされる2件についても解消している。

同社では今後数日から数週間をかけてアップデートを展開していく予定。今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2023-5480
CVE-2023-5482
CVE-2023-5849
CVE-2023-5850
CVE-2023-5851
CVE-2023-5852
CVE-2023-5853
CVE-2023-5854
CVE-2023-5855
CVE-2023-5856
CVE-2023-5857
CVE-2023-5858
CVE-2023-5859

(Security NEXT - 2023/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Ghostscript」の脆弱性に注意 - 3月と5月の更新で修正済み
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
Go言語ベースのウェブフレームワーク「Fiber」に深刻な脆弱性
小学校で児童の写真含むデジカメとメディアが所在不明に - さいたま市
フォーム権限の設定ミス、イベント参加者情報が閲覧可能に - 自動車技術会
サイバー攻撃で情報流出の可能性、サーバは復旧済み - フジ日本精糖子会社
先週注目された記事(2024年6月30日〜2024年7月6日)
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 6月のアップデートで修正
「Node.js」のセキュリティアップデート、再び延期に