Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教委でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 毛呂山町

埼玉県毛呂山町は、教育委員会においてメールの送信ミスがあり、小学校の保護者に関するメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同町によれば、8月23日に放課後学習教室へ参加する4校の保護者あわせて122人にメールを送信した際、送信先を誤って宛先に入力したもの。受信者間でメールアドレスが閲覧できる状態となった。

メールを受信した保護者から連絡があり問題が判明。対象となる保護者に電話で説明と謝罪を行い、誤送信したメールの削除を依頼した。

同事故を受け、以前の状況を調べたところ、5月25日、6月16日、8月9日と3回にわたり、同様の誤送信事故が発生していたことが判明。町立小中学校のPTA会長および副会長のメールアドレス19件が流出したという。

(Security NEXT - 2023/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市
「ダイナースクラブ」加盟店でフォーム設定ミス - 個人情報が閲覧可能に
海外出張中に個人情報含むPCが鞄ごと盗難 - ラサ工業
外来受診者の一部名簿が所在不明に - ちば県民保健予防財団
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
「Cisco IOS XR」に脆弱性、「Blast-RADIUS」の影響は調査中