Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VPN製品「Aruba VIA」のWindows向けクライアントに脆弱性

Hewlett Packard Enterprise傘下のAruba Networksが提供する「HPE Aruba Networking Virtual Intranet Access(VIA)」のWindows向けクライアントに、複数の脆弱性が明らかとなった。

同製品は、VPN接続機能を提供するリモートアクセスソリューション。バグバウンティプログラムを通じて、Windows向けクライアントが影響を受ける2件の脆弱性について報告を受けたという。Windows以外のプラットフォームについては影響を受けない。

「CVE-2023-38401」は権限昇格の脆弱性。「NT AUTHORITY\SYSTEM」の権限により任意のコードを実行されるおそれがある。また「NT AUTHORITY\SYSTEM」の権限で任意のファイルを上書きし、ブートプロセスを阻害してサービス拒否を引き起こすことが可能となる「CVE-2023-38402」が明らかとなった。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは、「CVE-2023-38401」が「7.8」、「CVE-2023-38402」が「7.1」と評価されており、いずれも重要度は「高(High)」とレーティングされている。

同社は、「同4.6.0」にてこれら脆弱性を解消。利用者にアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
ウェブベースの管理ツール「Webmin」に複数脆弱性
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
GitLab、クリティカルパッチを公開 - 深刻な脆弱性を修正
「VMware Aria Automation」にSQLi脆弱性 - 修正パッチをリリース
「Firefox 128」をリリース - 複数の脆弱性を修正
日米豪など8カ国が共同署名 - 中国関与の「APT40」へ対抗
髙野総合Gへのランサム攻撃 - 通信機器の設定ミスに起因か
県立高で生徒と保護者の画像含む記録メディアを紛失 - 埼玉県