Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Baiduの深層学習プラットフォーム「PaddlePaddle」に脆弱性

Baiduが開発するオープンソースの深層学習プラットフォーム「PaddlePaddle」に脆弱性が明らかとなった。脆弱性を修正したアップデートが提供されている。

コマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2023-38673」が明らかとなったもの。脆弱性を悪用されるとOS上で任意のコマンドを実行されるおそれがある。

Baiduでは、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」においてベーススコアを「9.6」とし、重要度はもっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングした。

開発チームは、4月にソースリポジトリでパッチを提供しており、「同2.5.0」にて同脆弱性の修正を反映した。概念実証コード(PoC)も公開されている。

(Security NEXT - 2023/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

チャレンジ農業支援事業の委託先が携帯電話を紛失 - 東京都
北米法人で情報流出を確認、ランサム影響か - アルプスアルパイン
セキュリティ診断に探索的テストを組みあわせた「IoT機器診断サービス」
攻撃者を疑似体験し、セキュリティの重要性を学ぶボードゲーム - IPA
「Splunk Enterprise」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
Palo Alto Networksの「PAN-OS」や「Cortex XDR」に脆弱性
「Craft CMS」に脆弱性、攻撃容易で影響大 - 7月の更新で修正済み
メール誤送信、育児セミナー参加予定者のメアド流出 - 大阪市
「WordPress」のセキュリティ対策プラグインを公開 - クラウドセキュア
他自治体職員のなりすまし電話にだまされ個人情報を漏洩 - 鹿児島市