Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

乗っ取り被害で迷惑メール配信の踏み台に - ファスマック

食品の遺伝子検査や検査試薬の販売を手がけるファスマックは、同社のメールアカウントが乗っ取り被害に遭ったことを明らかにした。

同社によれば、5月28日21時半から29日9時半の間、バイオ研究支援事業部NGSグループで使用中のメールアドレスが不正アクセスを受け、乗っ取り被害に遭ったという。

期間中、同社が意図しない「会員の満期通知」といった詐欺メールが無作為に国内外へ大量配信された。

問題のメールを受信した場合は、添付ファイルや本文中のURLを開かず、メールを削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

再就職支援者の個人情報を企業に誤送信 - 東京しごとセンター
オークションへ出品した車両内に個人情報含む書類 - 日産ディーラー
自動車分野のセキュリティ技術を競うCTFイベント - 経産省
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
ウェブベースの管理ツール「Webmin」に複数脆弱性
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
GitLab、クリティカルパッチを公開 - 深刻な脆弱性を修正
「VMware Aria Automation」にSQLi脆弱性 - 修正パッチをリリース
「Firefox 128」をリリース - 複数の脆弱性を修正