Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、UEFIブートキット「BlackLotus」対策のガイダンスを公開

「CVE-2022-21894」については、マイクロソフトが2022年1月に月例セキュリティ更新プログラムで修正を行なった。しかし、脆弱性の影響を受ける署名付きのバイナリがUEFI失効リストに追加されていないとESETは問題を指摘。攻撃者が正規の脆弱なバイナリのコピーを持ち込むことで引き続き「CVE-2022-21894」の悪用が可能な状態にあるという。

こうした状況を受け、マイクロソフトは、組織内のデバイスが「BlackLotus」などの侵害を受けていないか判別する方法についてガイダンスを取りまとめた。

具体的には「ブートローダーファイル」「ステージングディレクトリの存在」「レジストリキーの変更」のほか、複数のログ分析など6種類の要素を挙げ、これらを複合的に分析することで誤検出を避けつつ、感染状況を確認できるとしている。

デバイスが「BlackLotus」に感染していると判断された場合は、ネットワークより遮断して「OS」および「EFI」のパーティションを削除して再フォーマットを行うか、侵害されていないバックアップより復元する必要がある。

また同社は「BlackLotus」をはじめ、「CVE-2022-21894」の悪用を防止するため、アカウントを最小権限で利用し、ドメイン全体の管理者レベルのアカウントを使用しないよう呼びかけた。また「Microsoft Defender」をはじめ、マルウェア対策ソフトを最新の状態で利用することなどを呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
ビデオ会議サービス「Zoom」のクライアントソフトに脆弱性
県立自然の家のイベント申込者宛てメールで誤送信 - 栃木県
高校生徒の写真データ含む私物スマホを紛失 - 大阪府
MS、4月の月例パッチで脆弱性147件に対応 - 1件は悪用済み
「WordPress 6.5.2」が公開 - XSS脆弱性を修正
第三者にメールを閲覧された痕跡、詳細を調査 - 東芝テック
計算用サーバが攻撃の踏み台に、テストアカを侵害 - お茶大
「SECURITY ACTION」の宣言事業者、約4割が効果を実感
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正