Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

神奈川銀行装うフィッシング - マネロン対策口実に偽サイトへ誘導

神奈川銀行の利用者を狙ったフィッシング攻撃が発生している。フィッシング対策協議会が注意を呼びかけた。

フィッシングメールでは同行を装い、マネーロンダリング対策として、取り引きの利用目的を定期的に再確認しているなどと説明。同行オンラインサービス「かなぎんダイレクトバンキング」のデザインを盗用した偽サイトへ誘導していた。

誘導先のフィッシングサイトでは、IDやパスワードをはじめ、個人情報をだまし取る。

3月6日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、閉鎖に向けて同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシングサイトへ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

取材情報含むパソコンを紛失、飲酒後に - 時事通信社
休眠預金の一部印鑑票が所在不明に - みなと銀
「EmoCheck v2.4.0」がリリース - 進化した「Emotet」に対応
従業員PCが「Emotet」感染、情報流出の可能性 - 古河電池
PDF生成に用いられるPHPライブラリに深刻な脆弱性
ビデオ会議「Zoom」のクライアントなどに脆弱性 - アップデートで修正
個人情報保護スタンプにインク交換モデル - 新インク搭載
県税関連情報を第三者へ漏洩、電話照会への対応で - 長野県
不正アクセスの認知件数が前年比約45%増 - 検挙者は9.4%増加
公文書の誤廃棄で福祉事務所職員3人を処分 - 三重県