Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 110」がリリース - 15件のセキュリティ修正

Googleは、ブラウザの最新版となる「Chrome 110」をリリースした。複数の脆弱性を解消している。

Windows向けに「Chrome 110.0.5481.78」「同110.0.5481.77」、macOSおよびLinux向けに「同110.0.5481.77」をリリースしたもの。

今回のアップデートでは、セキュリティに関する15件の修正を行った。CVEベースで10件の脆弱性に対処したことを明らかにしている。重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

重要度が2番目に高い「高(High)」とされる脆弱性は3件。JavaScriptエンジンであるう「V8」に明らかとなった型の取り違いに関する脆弱性「CVE-2023-0696」やフルスクリーンモードにおける実装の不備「CVE-2023-0697」、WebRTCで域外メモリの読み込みが可能となる「CVE-2023-0698」など修正した。

また「中(Medium)」とされる脆弱性5件や、「低(Low)」とされる脆弱性2件などを修正した。同社は数日から数週間をかけてアップデートを展開していく予定。

今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2023-0696
CVE-2023-0697
CVE-2023-0698
CVE-2023-0699
CVE-2023-0700
CVE-2023-0701
CVE-2023-0702
CVE-2023-0703
CVE-2023-0704
CVE-2023-0705

(Security NEXT - 2023/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米司法省、ランサム「ALPHV」関連の複数サイトを押収 - 復号ツールも
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性