Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保険福祉関連で2件の誤送信事故 - 群馬県

群馬県は、感染症・がん疾病対策課において発生した個人情報の誤送付1件および誤送信1件について公表した。

同県によれば、2022年12月28日に吾妻保健福祉事務所において、特定医療費受給者証を受給者へ送付した際、本人の受給者証にくわえて第三者の受給者証1人分を誤って同封する事故が発生した。氏名、住所、生年月日、性別、病名、被保険者証の種類などが記載されている。

1月4日に受領者が、同封されていた第三者の受給者証を持参して来所したことで判明。同所では謝罪するとともに受給者証を回収。受給者証が誤送付された人を訪問して謝罪し、受給者証を交付した。

また県健康フォローアップセンターの委託事業者において、自宅療養者の個人情報をシステムに代理登録した際、メールアドレスを誤って入力。登録完了メールが第三者へ誤送信される事故が発生した。

1月3日に患者から登録完了メールが届かないと連絡があり判明した。登録完了メールには、氏名、発症日、電子申請システムへアクセスするための整理番号とパスワードが含まれる。

同県では対象の患者に謝罪するとともに、誤送信先にメールの削除を依頼した。登録データは閲覧ができないように対処した。

(Security NEXT - 2023/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェア「Cl0p」のLinux亜種が見つかる - 復号ツールが公開
患者情報含むUSBメモリが所在不明 - 岩手医科大病院
共通テスト追試申請書をFAX誤送信 - 静岡大
メールの誤送信で職員を戒告処分 - 嘉手納町
契約者情報の不正持ち出し、約2.9万件と判明 - JSB
メタバース活用におけるセキュリティを考えるオンラインイベント - JSSECら
「ESXiArgs」対策で製品の更新やOpenSLPの無効化を呼びかけ - VMware
メール誤送信でキャンペーン参加事業者のメアド流出 - 三重県
し尿収集業者が収集申込者の個人情報を紛失 - 広島市
2月3日ごろより「VMware ESXi」のランサム被害急増- 国内でも発生か