Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医師私物スマホから院内音声がライブ配信 - 埼玉県内病院

埼玉県鴻巣市にあるこうのす共生病院において、医師のスマートフォン経由で院内の会話などがインターネット上へリアルタイムに配信されていたことがわかった。

同院によれば、1月7日午後にインターネット配信サービス「ツイキャス」において、医師が個人で所有するスマートフォン端末より1時間から1時間半にわたり、職員や患者など院内の一部会話がライブ配信されていたもの。患者や院外から連絡があり問題が発覚した。

同院が確認したところ、配信されたのは、発熱外来などにおける電話診療などの会話で、一部の場合もあるが、名前や生年月日など8人分の個人情報が含まれる。音声のみとしており、映像の配信はなかったという。

同医師は「故意ではなかった」と話しているが、同院では実際に配信された音声データの確認を含め、事実関係など詳細を調べている。関連する患者に対しては経緯を報告して謝罪した。

また今回の問題を受け、組織の規定をあらためて確認し、個人情報の安全な取り扱いについて徹底するよう職員に求めるなど、再発防止に向けた対策を進めている。

(Security NEXT - 2023/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開
Ivanti製品の侵害、以前のツールでは検証回避のおそれ
ランサムウェア「ALPHV」、医療分野中心に被害拡大
米司法省、ランサム「ALPHV」関連の複数サイトを押収 - 復号ツールも
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性