Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医師私物スマホから院内音声がライブ配信 - 埼玉県内病院

埼玉県鴻巣市にあるこうのす共生病院において、医師のスマートフォン経由で院内の会話などがインターネット上へリアルタイムに配信されていたことがわかった。

同院によれば、1月7日午後にインターネット配信サービス「ツイキャス」において、医師が個人で所有するスマートフォン端末より1時間から1時間半にわたり、職員や患者など院内の一部会話がライブ配信されていたもの。患者や院外から連絡があり問題が発覚した。

同院が確認したところ、配信されたのは、発熱外来などにおける電話診療などの会話で、一部の場合もあるが、名前や生年月日など8人分の個人情報が含まれる。音声のみとしており、映像の配信はなかったという。

同医師は「故意ではなかった」と話しているが、同院では実際に配信された音声データの確認を含め、事実関係など詳細を調べている。関連する患者に対しては経緯を報告して謝罪した。

また今回の問題を受け、組織の規定をあらためて確認し、個人情報の安全な取り扱いについて徹底するよう職員に求めるなど、再発防止に向けた対策を進めている。

(Security NEXT - 2023/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府、クレカ会社にフィッシング対策強化を要請 - DMARC導入など
GitHubからコード署名証明書が漏洩か - Mac版プログラムに影響
「VMware vROps」にCSRFの脆弱性 - アップデートが公開
通販サイトは要警戒、偽管理画面に誘導するフィッシング - 顧客も標的に
TOKYO FM通販サイトで顧客情報流出の可能性 - 顧客に偽メール
病状など患者情報含むUSBメモリを紛失 - 兵庫県立がんセンター
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
サイバー攻撃で一部メール消失、詳細を調査 - 日本臓器移植ネットワーク
「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も