Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

まほろば工房のIP-PBX製品にRCE脆弱性 - アップデートの実施を

まほろば工房が提供するIP電話交換機「MAHO-PBX NetDevancerシリーズ」に深刻な脆弱性が明らかとなった。悪用されると第三者に乗っ取られたり、アカウントの取得やマルウェアのインストールなどが行われるおそれがある。

「1.11.00」以前のファームウェアに、OSコマンドインジェクション「CVE-2023-22279」「CVE-2023-22280」をはじめ、クロスサイトスクリプティング「CVE-2023-22296」、クロスサイトリクエストフォージェリ「CVE-2023-22286」など、あわせて4件の脆弱性が明らかとなったもの。

「CVE-2023-22279」については、リモートより任意のOSコマンドを実行されるおそれがあり、今回明らかとなった脆弱性のなかでは共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアがもっとも高く、「9.8」と評価されている。

いずれもGMOサイバーセキュリティbyイエラエの安里眞夢氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

まほろば工房では、利用者にファームウェアのアップデートを呼びかけるとともに、製品をインターネットから直接アクセスできる環境で製品を利用しないよう注意を喚起している。

(Security NEXT - 2023/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

永年保存のアスベスト関連書類が所在不明に - 新潟労働局
学生間でメールアドレスリストが閲覧可能に - 横浜国立大
農林事務所より調査協力者リストを関係ない複数自治体に誤送信 - 茨城県
「WooCommerce Social Login」に脆弱性 - アップデートで修正
ニデック子会社にサイバー攻撃 - 複数サーバでランサム被害
DC内仮想マシンがランサム被害、サーバ落とすも攻撃者が起動 - KADOKAWA
脆弱性悪用リストに「Windows」や「Google Pixel」など3件追加 - 米当局
インフラ監視ソフト「Pandora FMS」にアップデート - 複数脆弱性を修正
先週注目された記事(2024年6月9日〜2024年6月15日)
高校の体験入学申込用フォームで設定ミス - 静岡県