Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Google、「Chrome 109」をリリース - 複数の脆弱性を修正

Googleは、WindowsやmacOS、Linux向けにブラウザの最新版「Chrome 109」をリリースした。複数の脆弱性を修正している。

Windows向けに「同109.0.5414.74」「同109.0.5414.75」、macOS向けに「同109.0.5414.87」、Linux向けに「同109.0.5414.74」をリリースしたもの。セキュリティに関する17件の修正を行った。

CVEベースで脆弱性14件に対処したことを明らかにしている。重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

2番目に高い「高(High)」とされる脆弱性は2件。解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2023-0128」や、ヒープバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2023-0129」などを修正した。

あわせて重要度が1段階低い「中(Medium)」とされる脆弱性8件や、もっとも低い「低(Low)」とされる脆弱性4件を解消している。同社は数日から数週間をかけてアップデートを展開していく予定。今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2023-0128
CVE-2023-0129
CVE-2023-0130
CVE-2023-0131
CVE-2023-0132
CVE-2023-0133
CVE-2023-0134
CVE-2023-0135
CVE-2023-0136
CVE-2023-0137
CVE-2023-0138
CVE-2023-0139
CVE-2023-0140
CVE-2023-0141

(Security NEXT - 2023/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都
同意得てない個人情報を別団体へ誤提供 - 奈良県市町村職員共済組合
小学校で個人情報含む郵便物の不着騒ぎ、開封形跡なし - 新潟県
欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
12月のDDoS攻撃件数は増加、最大規模も拡大 - IIJ調査
「JNSA賞」2名が受賞 - 3団体に特別賞
脆弱性DB「JVN iPedia」の4Q登録数 - 前四半期から減少
住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区