Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フォームで他者情報が閲覧可能に、設定流用で繰り返し発生 - 早稲田大

早稲田大学は、異文化交流センターが開催したイベントの参加当選者に関する個人情報が、本人以外の当選者にも閲覧できる状態となっていたことを明らかにした。

同大によれば、2021年10月から2022年11月にかけてGoogle Formsで利用した34件のフォームに設定ミスがあったもの。回答画面より、同一イベントに当選した他回答者に関する情報を閲覧できる状態だった。

氏名、学籍番号、参加意思の有無のほか、フォームへ書き込まれた情報など1053人(のべ1370人)に関する個人情報が含まれる。6件のフォームについては個人を特定できる状態で、他フォームについては回答者の氏名と回答内容がずれた状態だったと説明。一部フォームには病歴や、身体障害に関する情報なども含まれるが、個人を特定できる状態ではなかったとしている。

過去の誤った設定を流用して繰り返し使用していたため、影響が広がった。11月17日16時ごろに問題が発覚。翌18日14時ごろまでにフォームの問題を解消した。対象となる当選者には、12月27日よりメールで説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2022/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

病状など患者情報含むUSBメモリを紛失 - 兵庫県立がんセンター
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
サイバー攻撃で一部メール消失、詳細を調査 - 日本臓器移植ネットワーク
「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
アプリの4.5%に「緊急」とされる脆弱性 - Synopsys調査
再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都
同意得てない個人情報を別団体へ誤提供 - 奈良県市町村職員共済組合
小学校で個人情報含む郵便物の不着騒ぎ、開封形跡なし - 新潟県