Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Samba」にセキュリティアップデート - 4件の脆弱性を解消

Sambaの開発チームは、セキュリティアップデートとなる「Samba 4.17.4」「同4.16.8」「同4.15.13」をリリースし、複数の脆弱性を修正した。

今回のアップデートは、4件の脆弱性「CVE-2022-38023」「CVE-2022-37966」「CVE-2022-45141」「CVE-2022-37967」を解消したもの。

「CVE-2022-38023」は、NetLogonにおいてセキュアチャンネルに「rc4-hmac」など脆弱なアルゴリズムが用いられており、保護が不十分であるとして対処したもの。

「RFC8429」では、危殆化によりKerberosにおける「rc4-hmac」の利用を非推奨とし、CVE番号「CVE-2022-3938」も付番されており、Microsoftが「Netlogon RPC」における権限昇格の脆弱性「CVE-2022-38023」として修正したことを受け、Sambaにおいても同脆弱性に対応したという。

「CVE-2022-37966」「CVE-2022-45141」についても、Windows KerberosにおいてセッションキーやKerberosチケットで脆弱な「rc4-hmac」を利用することに起因している。これら3件の脆弱性については、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」において、ベーススコアが「8.1」と評価されている。

(Security NEXT - 2022/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府、クレカ会社にフィッシング対策強化を要請 - DMARC導入など
GitHubからコード署名証明書が漏洩か - Mac版プログラムに影響
「VMware vROps」にCSRFの脆弱性 - アップデートが公開
通販サイトは要警戒、偽管理画面に誘導するフィッシング - 顧客も標的に
TOKYO FM通販サイトで顧客情報流出の可能性 - 顧客に偽メール
病状など患者情報含むUSBメモリを紛失 - 兵庫県立がんセンター
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
サイバー攻撃で一部メール消失、詳細を調査 - 日本臓器移植ネットワーク
「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も