Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

圧縮解凍ライブラリ「py7zr」にパストラバーサルの脆弱性

7zファイルの圧縮や解凍などの機能を提供するPythonベースのライブラリ「py7zr」に脆弱性が明らかとなり、アップデートがリリースされた。

「同0.20.0」「同0.19.0」「同0.18.10」および以前のバージョンにパストラバーサルの脆弱性「CVE-2022-44900」が判明したもの。細工したアーカイブファイルを解凍すると、ローカル上へ任意のファイルを書き込まれるおそれがある。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」による共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.1」、重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

脆弱性の報告を受けた開発者では、脆弱性に対処した「同0.20.2」を11月2日に公開。修正内容をバックポートした「同0.19.2」「同0.18.12」をあわせて提供しており、アップデートを呼びかけている。

脆弱性に関しては、アップデートのリリース後、CVE番号が付番されており、12月6日に脆弱性の報告者によって詳細が公表されている。

(Security NEXT - 2022/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「VMware vROps」にCSRFの脆弱性 - アップデートが公開
通販サイトは要警戒、偽管理画面に誘導するフィッシング - 顧客も標的に
TOKYO FM通販サイトで顧客情報流出の可能性 - 顧客に偽メール
病状など患者情報含むUSBメモリを紛失 - 兵庫県立がんセンター
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
サイバー攻撃で一部メール消失、詳細を調査 - 日本臓器移植ネットワーク
「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
アプリの4.5%に「緊急」とされる脆弱性 - Synopsys調査