Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バッファローの複数Wi-Fi関連製品に脆弱性 - ファームウェアの更新を

バッファローが提供する複数のWi-Fi関連製品に脆弱性が明らかとなった。ファームウェアのアップデートが呼びかけられている。

「WSR-3200AX4S」や「WSR-2533DHP」をはじめ、同社が提供するWi-Fiルータ11機種や、Wi-Fi中継機2機種に脆弱性が明らかとなったもの。3件の脆弱性が判明しており、製品によって影響を受ける脆弱性は異なるが、少なくとも2件の影響を受けるという。

ドキュメントに記載がないデバッグ機能が有効化される脆弱性「CVE-2022-43486」や、OSコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2022-43443」「CVE-2022-43466」などが判明した。

「CVE-2022-43466」「CVE-2022-43486」に関しては、悪用にあたり管理画面へのアクセス権限が必要だとしている。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」においてベーススコアは、「CVE-2022-43486」が「6.8」、「CVE-2022-43443」が「6.3」、「CVE-2022-43466」が「4.3」と評価されている。

(Security NEXT - 2022/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム
多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本
MS&ADと米インシュアテック企業、サイバーリスク可視化で共同開発