Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Twitterアカウント狙うフィッシング攻撃が増加 - 「Twitter Blue」に便乗

月額サブスクリプションサービス「Twitter Blue」に便乗するなど、Twitterのアカウント情報の詐取を狙ったフィッシング攻撃が増加している。

従来、「認証バッジ」として広く認知されてきたTwitterアカウントの右側に表示される青いマークだが、方針転換によって「Twitter Blue」の課金アカウントにも表示されることとなり、「なりすまし」へ悪用されることへの懸念も出ている。

「Twitter Blue」の関心が高まるなか、Twitterアカウントを狙ったフィッシング攻撃についても活発化しているという。

Proofpointによると、Twitterの利用者を狙うフィッシング攻撃はこれまでも発生しているが、「Twitter Blue」へ乗じた攻撃キャンペーンが複数展開されるなど、目立って増加しているという。

「Twitter blue badge Billing Statement Available」など、請求書などを装うケースが確認されており、ジャーナリストを含むメディア関係者やエンターテイメント団体、およびTwitterで認証されているユーザーが標的となっていると分析している。

(Security NEXT - 2022/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を