Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

研修申込者の個人情報をネット上に誤公開 - 埼玉県

埼玉県は、人権啓発研修事業の受託業者が、研修申込者の個人情報をインターネット上に誤って公開するミスがあったことを明らかにした。

同県によれば、10月28日19時40分ごろから約50分間、研修参加申込者1人に関する氏名、電話番号、メールアドレス、所属などがインターネット上に公開されたもの。

参加申込システムに不具合があり、受託業者が改修を行ったが、申込者が入力した情報がインターネット上で公開される設定になっていたという。

同県では、対象となる申込者に対し、経緯の説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2022/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Feature Toggle」のJava実装「FF4j」に深刻な脆弱性
「Apache Fineract」にパストラバーサルの脆弱性
利用客の個人情報を第三者にメール誤送信 - 長良川鉄道
採用応募書類など含むUSBメモリが所在不明に - 国立天文台
21店舗で顧客情報の紛失や誤廃棄が判明 - 福岡ひびき信金
「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - 前回ゼロデイ対応から1週間強で
「制御システムセキュリティカンファレンス」の参加者募集がスタート
Ubuntuに権限昇格の脆弱性 - 詳細情報も公開
会員管理システムにサイバー攻撃、情報流出の可能性 - 日本栄養士連盟
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開