Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報含む書類を誤廃棄、資源物置場から回収 - 熊本大病院

熊本大学病院は、医師が誤って患者の個人情報含む書類を資源ゴミとして廃棄したことを明らかにした。書類はゴミ置き場より回収されている。

同院によれば、医師が古い医学書などを処分する際、患者の個人情報含む書類が含まれていることに気が付かず、一緒に廃棄したという。10月21日に住民からの連絡で判明した。書類は資源ゴミ置き場より回収されている。

誤廃棄した書類は、2006年1月から2008年10月の間に同院で入院または手術をした575人に関する氏名、病名の一覧や、患者9人に関する検査報告書、手術記録、報告、術前検討記録、レントゲン写真、病理組織検査報告書、診断報告書などで、重複を除くと582人分となる。

同院では対象となる患者に対し、謝罪の書面を送付するとしている。

(Security NEXT - 2022/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「OpenVPN」に「OVPNX脆弱性」 - 3月の更新で修正済み
CrowdStrikeによる障害、約850万台に影響 - あらたな復旧方法も準備中
「CrowdStrike」装う「フィッシング」や「偽修復ツール」に警戒を
先週注目された記事(2024年7月14日〜2024年7月20日)
あらたな脅威へ対応する設定ファイルが原因に - CrowdStrike障害
Windows端末の障害問題に便乗するサイバー攻撃が発生中
CrowdStrike、Windows環境での不具合で声明 - 復旧方法も紹介
一部Window端末が正常に起動できず - CrowdStrikeが不具合認める
システムの仕様を知らずメール誤送信が発生 - 東京都福祉保健財団
市教委で特別支援教育就学奨励費対象児童の一部名簿を紛失 - 湖西市