Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報入りUSBメモリが院内で所在不明に - 量研機構運営病院

同機構によると、端末があった場所は、関係者以外の出入りが禁止されていたという。また部外者が病院の敷地内に入るためには、正門の守衛所で受け付けを行い、所属や名前など紹介する必要がある。

今回の問題を受け、同院では盗難の可能性があるとして、同月14日に警察に被害届を提出。対象となる患者や家族に対し、経緯の説明と謝罪を行っている。

今回の問題では、保存の必要がないファイルがUSBメモリ内より削除されておらず、暗号化も行われていないなど、対策基準に満たない運用が行われていたとし、USBメモリの使用基準の見直し、教育の徹底など図り、再発防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2022/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サポート詐欺で患者情報含むPCが遠隔操作できる状態に - 富田林病院
イベント申込フォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 会津若松市
学校で個人情報含む入学関係書類を誤廃棄 - 横須賀市
人材育成プログラム「SecHack365」が応募受付をまもなく開始
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
【特別企画】経営戦略に資するセキュリティを学ぶ「情報システムCAMP2024」が4月18日開催
工場スマート化のリスクや対策を解説したガイドライン別冊資料
セキュリティ学ぶ学生、同分野への就職希望は約7割 - JNSA調査
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
「日本シーサート協議会」が正式名称に - 法人名と通称を統一