Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新型コロナ配食サービスで伝票重ね貼り、別人の個人情報 - 岡崎市

愛知県岡崎市は、同市と一宮市より委託している新型コロナウイルスの自宅療養者を支援する配食サービスにおいて、別の対象者に関する配送伝票を貼り付けた状態のまま配達するミスがあったことを明らかにした。

同市によれば、10月2日に配達した120人分について、冷凍食品と常温食品を仕分ける作業時に伝票を逆に貼るミスが発生。氏名、住所、電話番号が記載された古い伝票を剥がすことなく、別人のあたらしい伝票を重ね貼りして配達してしまったという。

同日、配食を受け取った自宅療養者から保健所に指摘があり問題が判明した。委託事業者では対象となる自宅療養者に謝罪。翌3日より配送伝票の回収を行っている。

(Security NEXT - 2022/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

宣伝会議、不祥事ランキングを公表 - 求められる迅速な誠意ある対応
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
WP向けプラグイン「WP User Frontend」に深刻な脆弱性 - PoC公開済み
共同利用対象外の個人情報をグループDBに誤送信 - JFRカード
中学校教諭が車上荒らし被害、個人情報が盗難 - 習志野市
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
10月は9月同様の大規模DDoS攻撃は観測されず - IIJ調査
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開