Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

労働力調査の対象世帯リストを一時紛失 - 奈良県

奈良県は、労働力調査の調査員が、個人情報を含む調査世帯一覧表を紛失したことを明らかにした。一覧表は住民により発見され、回収されている。

同県によれば、9月8日に生駒市内の12世帯に関する調査世帯一覧表を調査員が調査区内で紛失したもの。氏名や住所などが記載されていた。

同月10日に住民が建物内で一覧表を拾得。13日に同県へ連絡した。同日、県の職員が拾得した住民宅を訪れ、一覧表を回収した。

対象の世帯に対し、訪問または電話により説明と謝罪を行ったとしている。

(Security NEXT - 2022/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

修学旅行のテーマパーク内で県立高の生徒情報を紛失 - 埼玉県
市主催イベントの申込者宛メールで誤送信 - 三原市
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」
「偽OCN」の請求メールに注意 - 目立つISP装うフィッシング
他人のクレカ情報で商品購入 - 井原市職員を逮捕
サーバにサイバー攻撃 - 山形県の農業機器メーカー
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
Google、ブラウザ最新版「Chrome 108」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
栄養士採用試験の全申込者受験票を1人に誤交付 - 大阪市