Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

労働力調査の対象世帯リストを一時紛失 - 奈良県

奈良県は、労働力調査の調査員が、個人情報を含む調査世帯一覧表を紛失したことを明らかにした。一覧表は住民により発見され、回収されている。

同県によれば、9月8日に生駒市内の12世帯に関する調査世帯一覧表を調査員が調査区内で紛失したもの。氏名や住所などが記載されていた。

同月10日に住民が建物内で一覧表を拾得。13日に同県へ連絡した。同日、県の職員が拾得した住民宅を訪れ、一覧表を回収した。

対象の世帯に対し、訪問または電話により説明と謝罪を行ったとしている。

(Security NEXT - 2022/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性
「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能
Atlassian、複数製品でのべ11件の脆弱性に対応
「NVIDIA CUDA Toolkit」に脆弱性 - サービス拒否のおそれ
美術館でメール誤送信、講座応募者のメアド流出 - 稲沢市