Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都立高から消えた「生徒個人カード」、一部を河川敷で発見

都立高校において生徒や保護者の個人情報が記載された「生徒個人カード」が所在不明となっていた問題で、東京都は一部が学外で発見されたことを明らかにした。

都立高校において40人分の「生徒個人カード」を綴ったファイルが所在不明となっていたが、9月19日に一部が発見、拾得されたもの。

問題のカードには生徒の氏名、住所、性別、生年月日、出身中学、通学方法のほか、保護者の氏名、住所、緊急連絡先などが記載されている。

都によれば、カード21枚が多摩川の河川敷で発見され、警察に届けられたとの連絡があり、教員が現地を探索したところ7枚を発見。さらに4枚が警察に届けられ、あわせて32枚が回収された。綴じていたファイルも見つかったという。

同教諭は、問題のファイルを学外へ持ち出していないと話しており、発見場所にも心当たりがないことから、学校では窃盗と見て翌20日に警察へ被害届を提出した。

カードが発見された詳しい状況、場所については、依然一部カードが見つかっておらず、警察の捜査中となっており、明らかにされていない。同校では、同月21日に保護者説明会を開催。事件の経緯や今後の対応について説明を行った。

(Security NEXT - 2022/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イベント案内メールを「CC」により誤送信 - 広島県の建設会社
「Node.js」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
一部マイナンバーカードを紛失、フォルダごと誤廃棄か - 鹿児島市
戸籍謄本などパスポート発給申請書類を紛失 - パスポートセンター久留米支所
個人情報含む診療報酬の返還に関わる書類を紛失 - 新潟県
IvantiのVPN製品脆弱性、限定的な攻撃から多様な攻撃へと発展
ランサム被害で個人情報流出の可能性 - ダイヤモンド社
米当局、「Cisco ASA」など悪用が確認された脆弱性4件について注意喚起
「AI」の安全性に対する評価手法を検討する機関を設立 - IPA
Windowsのゼロデイ脆弱性「CVE-2024-21412」、昨年12月下旬より悪用