Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Mozilla、「Firefox 105」をリリース - 複数脆弱性を修正

Mozilla Foundationは、ブラウザの最新版となる「Firefox 105」をリリースした。機能強化やバグの修正にくわえて、複数の脆弱性を修正している。

今回のアップデートでは、CVEベースで7件の脆弱性を修正。重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

重要度が2番目に高い「高(High)」とされる脆弱性は3件。メモリ破壊の脆弱性やURLパーサにおけるデータ競合、Feature Policyによる制限を回避される脆弱性などに対処した。

このほか、重要度「中(Medium)」とされる脆弱性、「低(Low)」とされる脆弱性それぞれ2件を修正している。

また「同105」とあわせて、延長サポート版である「Firefox ESR 102.3」をリリース。利用者へアップデートを呼びかけている。「同105」にて修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2022-40956
CVE-2022-40957
CVE-2022-40958
CVE-2022-40959
CVE-2022-40960
CVE-2022-40961
CVE-2022-40962

(Security NEXT - 2022/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ陽性者宛の診断結果メールで誤送信 - 岡山県
保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市
Gポイントに不正ログイン - ポイント不正交換も
トヨタ子会社のバッテリーメーカーでサイトの改ざん被害
LINEのURLプレビュー機能に不具合 - 限定公開URLが漏洩したおそれも
「Apache Calcite」の一部演算子処理に深刻な脆弱性
Sophos製ファイアウォールに深刻な脆弱性 - すでにゼロデイ攻撃も
国内組織の3割強が過去3年間にランサム被害 - 暴露予告や関係者への通知で圧力
2022年2Qの不正送金、前四半期比約1.9倍 - 補償率が6割台前半に
ニトリにPWリスト攻撃、スマホアプリ経由で - 約13万アカウントがログイン許した可能性