Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Atlassian Bitbucket」の深刻な脆弱性 - PoC公開で悪用リスク高まる

8月に「Atlassian Bitbucket Server」「同Data Center」の深刻な脆弱性「CVE-2022-36804」が修正されたが、同脆弱性のエクスプロイトコードが公開されたことがわかった。大規模な攻撃に悪用される懸念が高まっている。

「CVE-2022-36804」は、パブリックあるいはプライベートの「Bitbucketリポジトリ」のAPIに対して細工したHTTPリクエストを送信することで、リモートよりコードの実行が可能となるコマンドインジェクションの脆弱性。

同社は、脆弱性について共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアを「9.9」、重要度を「クリティカル(Critical)」と評価。8月24日に「同8.3.1」「同8.2.2」「同8.1.3」「同8.0.3」「同7.21.4」「同7.17.10」「同7.6.17」をリリースし、脆弱性を修正した。

同脆弱性は、バグバウンティプログラムを通じて報告されたもので、アップデートの公開を受けて報告者は30日以内に脆弱性の実証コード(PoC)を公開すると予告。しかしそれを待たずに、第三者によって脆弱性が分析され、9月19日にエクスプロイトコードが公開された。

Rapid 7は、公表されたPoCを元に「Metasploitモジュール」を開発。修正パッチのリバースエンジニアリングは比較的容易であり、すでに同脆弱性を狙った攻撃が発生している可能性があると指摘するとともに、今後大規模に脆弱性が悪用される可能性も高いとして警鐘を鳴らしている。

(Security NEXT - 2022/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開
Ivanti製品の侵害、以前のツールでは検証回避のおそれ
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート