Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「EC-CUBE」や公式プラグインに脆弱性 - バグバウンティ契機に発見

eコマースプラットフォーム「EC-CUBE」に複数の脆弱性が明らかとなった。バグバウンティをきっかけに見つかった脆弱性で、修正ファイルを提供している。

「同4.1.2」および以前のバージョンにクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2022-38975」や、ディレクトリトラバーサルの脆弱性「CVE-2022-40199」が明らかとなったもの。「CVE-2022-38975」については「同3.0.18-p4」や以前のバージョンも影響を受ける。

同社は脆弱性の危険度をいずれも「低」とレーティング。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは、「CVE-2022-38975」が「6.1」、「CVE-2022-40199」が「2.7」と評価されている。

また「商品画像一括アップロードプラグイン」において、画像以外のファイルがアップロード可能となる脆弱性「CVE-2022-37346」が判明した。同社は危険度を「低」、CVSS基本値は「6.3」となっている。

イーシーキューブが7月から8月にかけて実施したバグバウンティで脆弱性の報告があり、判定を行う過程で現行バージョンやプラグインに存在するこれら脆弱性を発見したという。

同社では脆弱性を修正したファイルを用意しており、同ファイルに差し替えるか、修正部分を反映するよう求めている。

(Security NEXT - 2022/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「JAPANSecuritySummit 2022」、10月24日よりオンデマンドで開催
バッファロー29製品に脆弱性、「FREESPOT」機器も - アップデートの実施を
「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性 - 4月のアップデートで修正済み
2022年2Qのクレカ番号盗用被害、はじめて100億円を突破
「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
ダークウェブで個人情報流出を確認 - ダイナムJHD
金融庁を名乗るフィッシング - 「法令でカードの認証が必要」とだます手口
最新技術が詰まったInteropの「ShowNet」を解説するオンラインイベント
アクセ通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 再開時は旧顧客リストを使用せず