Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング悪用ブランド、「au」が世界2位 - 「Emotet」国内活動は7割減

マルウェアの感染を狙ったメールは、前四半期比21%増となる6830万件を検出。1700万件だった4月以降、後半に向けて増加傾向が続いた。1カ月間に3290万件を検知した3月には及ばないものの、6月には2890万件を観測している。

「Emotet」の感染を狙ったメールは、ヨーロッパで増加傾向が観測されており、前四半期から44%増となる7万762件を検出した。一方、日本国内において活動は見られるものの第2四半期は前四半期から69%減となる3460件となった。

ただし、同四半期において「Emotet」の活動は5月中旬以降に集中しており、6月にもっとも多く観測されているため、今後の動きにも引き続き警戒する必要がある。

(Security NEXT - 2022/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

共同利用対象外の個人情報をグループDBに誤送信 - JFRカード
中学校教諭が車上荒らし被害、個人情報が盗難 - 習志野市
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
10月は9月同様の大規模DDoS攻撃は観測されず - IIJ調査
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開
修学旅行のテーマパーク内で県立高の生徒情報を紛失 - 埼玉県
市主催イベントの申込者宛メールで誤送信 - 三原市
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」