Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

同期プログラム「rsync」に脆弱性 - アップデートをリリース

ファイルやディレクトリの同期機能を提供する「rsync」において、クライアントに任意のファイルを上書きできる脆弱性が明らかとなった。最新版で修正されている。

「rsync」のクライアント側でファイル名を十分検証しておらず、任意のファイルを書き込むことができる脆弱性「CVE-2022-29154」が明らかとなったもの。

悪意あるサーバや中間者攻撃(MITM攻撃)によって、対象ディレクトリやサブディレクトリ内のファイルを上書きすることが可能になる。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」による共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「7.4」、重要度は4段階中、上から2番目にあたる「高(High)」とレーティングされている。

開発チームでは、8月14日に「同3.2.5」をリリースし、ファイルリストの検証ルールを追加することで脆弱性を修正した。同バージョンでは、データの圧縮や解凍に用いるライブラリ「zlib」の深刻な脆弱性「CVE-2022-37434」についても修正を行っている。

(Security NEXT - 2022/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市