Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

認知症高齢者の発見協力者を登録ミス、第三者にメール送信 - 大阪市

大阪市は、「大阪市認知症高齢者等見守りネットワーク事業」の業務委託先においてメールの送信ミスがあり、高齢者の個人情報が流出したことを明らかにした。

同市によれば、西淀川区において行方不明となった認知症高齢者の発見、保護にあたる協力者のメールアドレス1件を誤った内容で登録していることが判明したもの。

8月1日以降、誤った宛先にメールを送信しており、氏名、性別、年齢、服装、本人写真など、高齢者の個人情報4件が部外者に送信していることが明らかとなった。

これを受け、ほかの区においても同様の事故がないか確認したところ、旭区や港区においても誤ったメールアドレスを登録し、高齢者の個人情報が流出していたことがわかった。

登録先はそれぞれ1件で、旭区では2021年7月28日に誤登録があり75件、港区では2022年6月21日に登録ミスがあり1件の関係ないメールアドレスへ個人情報を送信していた。

同市では、対象者に説明と謝罪を行っている。また誤送信先に連絡を取り、届いたメールや添付資料を削除するよう依頼。港区のケースでは連絡が取れ、削除に至ったが、西淀川区や旭区では連絡が取れない状況だという。

(Security NEXT - 2022/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール送信時に講演会申込者のメアドが流出 - 佐伯市
新型コロナ陽性者宛の診断結果メールで誤送信 - 岡山県
保健所で新型コロナ発生届のFAXを誤送信 - 静岡県
クラファンで別人に商品や通知メールを配送
福島廃炉マッチングサポートの登録企業宛メールで誤送信
講座参加者宛メールで誤送信、取消通知でも - 静岡県
委託先でメール誤送信、メルマガ登録者のメアド流出 - 香川県
メール誤送信で顧客のメアド流出 - 新発田市観光協会
メール作成時のコピーで誤操作、本文にメアドの一部 - 静岡県立高
障害児通所支援事業所宛のメール、メアド406件をCC記載 - 大阪府