Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

申請書ファイルに個人情報、変換元ファイルをサイトに誤掲載 - 加須市

埼玉県加須市は、ウェブサイトに新型コロナウイルス関連の誤った申請書ファイルを掲載し、個人情報が流出したことを明らかにした。

同市によれば、新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した被保険者の国民健康保険税の減免措置において、申請書様式のファイルをウェブサイトに掲載したところ、誤ったファイルを公開していたもの。

更新した申請書様式を掲載する際、表計算ファイルをPDFファイルに変換せず、誤ってそのまま掲載したため、様式の欄外に記載されていた個人情報を参照できる状態となった。来庁した住民から指摘があり問題が判明し、同ファイルをサイト上より削除した。

ファイル内の情報は、94人に関する2008年当時の個人情報で、氏名、住所、被保険者証番号、市の管理番号など含まれる。7月26日18時から8月1日11時過ぎにかけて掲載し、期間中17件のアクセスがあったという。

問題の発覚を受けて、同市では対象となる住民に電話や訪問、書面などを通じて謝罪を行うとしている。今後は公開予定ファイルに個人情報を記録しないことを徹底するほか、掲載時に二重チェックを徹底するとしている。

(Security NEXT - 2022/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃で社内システムに障害、影響や原因など調査 - システム開発会社
機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを
「PHP 8.1.11/7.4.32」が公開に - 複数の脆弱性を解消
サーバやパソコンにサイバー攻撃 - JR西日本関連会社
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を