Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カタログギフト販売サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出した可能性

カタログギフトを販売するeコマースサイト「カタログギフトのハーモニック」が不正アクセスを受けたことがわかった。顧客情報が外部に流出した可能性がある。

同サイトに対してシステムの脆弱性を突く不正アクセスがあり、決済アプリケーションの改ざんなどが行われたもの。2月8日にクレジットカード会社から情報流出の可能性があるとの指摘があり問題が発覚した。

同サイトを運営するハーモニックによれば、今回の不正アクセスにより、顧客2万8700人が2020年11月14日から2021年11月11日にかけて利用したクレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードが流出し、不正利用された可能性がある。

さらに2020年11月14日までに「カタログギフトのハーモニック」へ会員登録をしたり、商品を購入した全顧客15万0236人分については、氏名や住所、電話番号、メールアドレス、性別、生年月日が流出したおそれがある。あわせて名入れ目的で提供された子ども5445人分の情報なども対象となる。

同サイト以外で同社カタログギフトを購入したり、カタログギフトの送り先情報、受け取ったカタログギフトより商品を交換した利用者については対象に含まれないとしている。

(Security NEXT - 2022/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

都マンション管理状況届出システムに不正アクセス
厚労省の委託先で「Emotet」感染 - メールなどが端末から流出
「制御システムセキュリティカンファレンス2023」のCFPが開始に
MS、「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリース - 独自に3件の脆弱性を修正
ランサム攻撃で従業員情報が暗号化、復旧は断念 - 河村電器
教員が帰宅途中に盗難被害、学生情報を盗まれる - 昭和女子大
印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社
メール誤送信で災害ボランティアのメアド流出 - 大阪市
サポート終了も1割強が業務でIE利用 - 35%はEdgeのIEモード
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性