Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

会員サービスで個人情報を誤表示、原因はアップデートによるエラー - H&M

大手アパレルメーカーのH&M Japanは、会員向けオンラインサービスにおいて、一部顧客の個人情報が、無関係である別の顧客に表示される不具合が発生したことを明らかにした。

同社によれば、同社の会員向けサービスである「H&Mメンバー」において、一部の顧客の個人情報を含む過去の注文履歴が、無関係である別の顧客アカウントに表示される不具合が発生したもの。

社内で実施したシステムアップデートにともなうエラーが原因としており、外部からのサイバー攻撃を否定。顧客情報が表示されないよう対応するとともに、引き続き原因など詳細を調査している。

(Security NEXT - 2022/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

即時口座開設システムで障害、一部本人確認画像など破損 - セブン銀
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2020年度の国内WAF市場、前年度比15.9%増
東京都、若年層向けにSNSトラブル防止動画コンテストを開催
イベント参加者への案内メールでメアドが流出 - 酒田市
宛名と異なる住所へ給付金決定通知書を送付 - 鎌倉市
IoTセキュリティがテーマのワークショップをハイブリッドで開催 - TCG
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
ビューカードのオンライン会員サービスで不正ログイン被害