Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数の文化施設が改ざん被害 - 不正サイトに誘導

劇場やイベント施設の設備設計などを手がける共立は、同社が管理する文化施設のウェブサイトが不正アクセスを受けて改ざんされたことを明らかにした。

同社によれば、同社が管理するホールや市民会館などのウェブサイトが不正アクセスを受けて改ざんされたもの。アクセスすると関係ない外部サイトへ誘導される状態となっていたという。

対象となる施設は、新宿区の四谷区民ホール、牛込箪笥区民ホール、角筈区民ホールをはじめ、上用賀アートホール、立川市市民会館、八王子市民会館、横浜市瀬谷公会堂、瀬谷区民文化センター、戸塚区民文化センター、平塚文化芸術ホール、名古屋市公会堂、名古屋市民会館、刈谷市総合文化センター、東大阪市文化創造館、明石市民会館の15サイト。

これらのサイトでは個人情報を扱っていないとし、個人情報流出については否定。復旧作業を進めており、6月2日に一部ページを除いて復旧している。

(Security NEXT - 2022/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

求職情報サイトが侵害、CMSプラグインの脆弱性突かれる - 日刊工業新聞
東京ヴェルディの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
複数サーバが侵害、PW改ざんや不正ファイル設置 - こころネット
サイトが改ざん被害、アラビア語の通販サイトに誘導 - 三浦工業
健康食品通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
旧メールシステム侵害、メアド流出の可能性 - 人材派遣会社
メルマガ登録者情報が流出、犯行声明メールも - 大阪の楽団
ケーズデンキ通販サイトに不正ログイン - 約300万円の不正注文
統合DBシステムで不正ログイン被害、改ざんも - 上智大
「Ivanti Connect Secure」のゼロデイ脆弱性、侵害状況の確認を