Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Citrix ADC」「Citrix Gateway」にサービス拒否の脆弱性

「Citrix ADC」「Citrix Gateway」に複数の脆弱性が明らかとなった。アップデートで修正されている。

これら製品においてリソースが枯渇し、サービス拒否に陥るおそれがある脆弱性「CVE-2022-27508」「CVE-2022-27507」が明らかとなったもの。

「CVE-2022-27508」は、認証を行うことなく悪用が可能な脆弱性で、同社は重要度を「高(High)」とレーティングしている。「CVE-2022-27507」については、1段階低い「中(Medium)」とした。

「CVE-2022-27508」に関しては、「同12.1-64.16」のみ影響があり、「VPN(ゲートウェイ)」や認可や認証、監査などを行う「仮想サーバ」として構成している場合に影響を受ける。

また「CVE-2022-27507」に関しては複数のバージョンが影響を受けるが、VPN(ゲートウェイ)仮想サーバとして利用しており、「DTLS」の有効化など複数の条件が組み合わさった場合に影響を受ける。

同社は脆弱性に対処した「同13.1-21.50」「同13.0-85.19」「同12.1-64.17」「同12.1-FIPS 12.1-55.278」「同12.1-NDcPP 12.1-55.278」をリリース。また「CVE-2022-27507」の回避策についてアナウンスしている。

(Security NEXT - 2022/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

即時口座開設システムで障害、一部本人確認画像など破損 - セブン銀
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2020年度の国内WAF市場、前年度比15.9%増
東京都、若年層向けにSNSトラブル防止動画コンテストを開催
イベント参加者への案内メールでメアドが流出 - 酒田市
宛名と異なる住所へ給付金決定通知書を送付 - 鎌倉市
IoTセキュリティがテーマのワークショップをハイブリッドで開催 - TCG
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
ビューカードのオンライン会員サービスで不正ログイン被害