Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

遺言信託契約者情報を委託先に誤送信 - JA神奈川県信連

神奈川県信用農業協同組合連合会は、遺言信託契約者情報を委託先に誤送信するミスがあったことを明らかにした。

同会によれば、4月26日に頒布用資料の作成にあたり、委託先の印刷業者へ原案データをメールで送信したが、遺言信託契約者2866人分の情報も添付されていたもの。

氏名、JA名、店舗名、契約時年齢および契約日、契約時の財産概況、遺言の変更有無、相続発生状況などの情報が含まれる。

翌27日、メール送信者とは別の担当者の指摘により誤送信が判明。誤送信先の事業者に、誤送信したメールとデータの削除を依頼し、同日対応が完了した。誤送信先以外への流出はないとしている。

(Security NEXT - 2022/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年度の国内WAF市場、前年度比15.9%増
東京都、若年層向けにSNSトラブル防止動画コンテストを開催
イベント参加者への案内メールでメアドが流出 - 酒田市
宛名と異なる住所へ給付金決定通知書を送付 - 鎌倉市
IoTセキュリティがテーマのワークショップをハイブリッドで開催 - TCG
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
ビューカードのオンライン会員サービスで不正ログイン被害
若手国際CTFで日本人含むアジアチームが好成績 - 言葉や準備不足乗り越え奮闘
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ