Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、定例外パッチでDC認証エラーの問題を解消

マイクロソフトが5月に公開した月例パッチをドメインコントローラにインストールすると認証エラーが生じる問題で、同社はアップデートを定例外でリリースした。

ドメインコントローラとして利用する「Windows Server」へ、5月10日にリリースされた月例セキュリティ更新プログラムを適用すると、「ネットワークポリシーサーバー(NPS)」「ルーティングおよびリモートアクセスサービス(RRAS)」「Radius」「EAP」「PEAP」などで、サーバ、クライアントに認証エラーが発生する不具合が確認されていたもの。

同社では、現地時間5月19日に今回の問題を解消する「Windows Server 2022」向けの「KB5015013」をはじめ、「Windows Server 20H2」「Windows Server 2019」「Windows Server 2016」向けに累積的な更新プログラムを用意。

「Windows Server 2012 R2」「Windows Server 2012」Windows Server 2008 R2 SP1」「Windows Server 2008 SP2」向けにスタンドアロンのプログラムを公開した。

5月の月例パッチには、公開時点で悪用が確認されており、早急に対応することが求められる「CVE-2022-26925」も含まれるが、認証エラーの問題が判明したことを受け、米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)では、「悪用が確認された脆弱性カタログ(KEV)」より「CVE-2022-26925」を一時削除していた。

(Security NEXT - 2022/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開