Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電柱敷地所有者の個人情報含む帳票が所在不明 - 中電ネット

中国電力ネットワークは、高梁ネットワークセンターにおいて、電柱敷地所有者の個人情報が記載された帳票が所在不明になっていることを明らかにした。

同社によれば、5月10日に電柱敷地業務の資料を保管している同センター内の書庫で書類の整理をしていたところ、一部帳票の所在がわからなくなっていることが判明したもの。

高梁市、新見市、吉備中央町に電柱が設置された敷地を所有する顧客の2020年度における帳票の一部で、578人分の氏名、住所、電話番号のほか、振込口座情報、同社からの支払い実績などが記載されていた。口座番号に関してはマスキング処理が行われている。

帳票を保管する建物はオートロックとなっており、建物内の書庫についても施錠管理を行っていると説明。関係者へヒアリングした結果、保存期間が終了した文書を廃棄した際、一緒に誤って廃棄した可能性が高いとしている。

同社では、対象となる顧客に訪問や書面により謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2022/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
サーバに不正アクセス、ポイントカードで障害も - ナフコ
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
職員3人「Emotet」感染、認証情報窃取されスパム踏み台に - 室蘭工業大
配布チラシに生活保護受給者の伝票が混入、共有複合機で - 生駒市
不正アクセスで顧客の個人情報が流出の可能性 - スマホ買取店
即時口座開設システムで障害、一部本人確認画像など破損 - セブン銀
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に