Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドサーバで個人情報流出の可能性 - 京都駅ビル

京都駅ビルを管理する京都駅ビル開発は、クラウド内に保存されていた顧客や取引先、従業員などの個人情報が外部へ流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、4月9日に障害が発生したことから原因を調査したところ、業務で使用するクラウド上のサーバが第三者によりアクセスされていたことが判明したもの。

サーバ内部に保存されている業務資料には、顧客約950件、取引先約3400件、従業員や退職者など約300件の個人情報が保存されており、外部へ流出した可能性があるという。氏名や住所のほか、一部には電話番号、役職名、メールアドレスなどが含まれる。

攻撃を受けた経路や原因については調査中としており、対象となる顧客に対しては4月15日より郵送で連絡を取っている。個人情報保護委員会や警察に対しても報告を行った。

(Security NEXT - 2022/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
業務システムで顧客情報流出の可能性、サイトは再開 - アダストリア
保険会社2社の業務委託先より顧客データ約200万件が流出
医療従事者向け求人サイトにサイバー攻撃 - 個人情報が流出
159サイトを運用するサーバに不正プログラム、CMSを侵害か - 山形大
サイト侵害、異常なアクセス数きっかけに発覚 - フルノシステムズ
東海国立大学機構がランサム被害 - ログに総当り攻撃の痕跡
PC遠隔操作で顧客情報流出の可能性 - スズキディーラー
米子会社に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 東京化成工業