Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む一部建物事前調査報告書が所在不明 - 新潟県

新潟県は、個人情報が記載された一部「建物事前調査報告書」の所在がわからなくなっていることを明らかにした。誤廃棄の可能性が高いとしている。

同県によれば、三条地域振興局地域整備部において、2018年度の建物事前調査報告書5人分が所在不明になっているもの。報告書には、調査対象者の氏名、住所、電話番号、建物の経過年数、用途、床面積、建物の損傷状況などが記載されていた。

4月4日に調査の対象者から建物の状態変化を確認したいと申し出があり、担当者が報告書を探したところ発見できず、紛失が判明した。

2021年9月30日、文書整理にともなう廃棄作業を行った際、誤って一緒に廃棄した可能性が高いとしている。同県では関係者に説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2022/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

電柱敷地所有者の個人情報含む帳票が所在不明 - 中電ネット
小学校防犯カメラの映像含むHDDレコーダーがオークションに - 横浜市
住民票や戸籍証明の請求書が箱ごと所在不明に - 静岡市
顧客情報記載の伝票が所在不明 - イズミヤショッピングセンター
従業員が顧客情報を家庭ゴミに、郵送され発覚 - サカイ引越センター
顧客情報が記載された伝票綴りが所在不明 - 栃木銀
高齢者免許証返納支援事業で個人情報が所在不明 - 福岡県
河川敷に患者情報含む書類、原因を調査 - 十和田市立中央病院
高校で指導要録を紛失、誤廃棄の可能性 - 三重県
顧客情報含むクレカ審査資料を紛失 - 中国電力