Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VMwareのIDアクセス管理製品に対する脆弱性攻撃が発生

VMware製のIDアクセス管理製品「VMware Workspace ONE Access」「VMware Identity Manager」に深刻な脆弱性が明らかになった問題で一部脆弱性が悪用されていることがわかった。

同社では、現地時間4月6日に「VMware Workspace ONE Access」「VMware Identity Manager」において、重要度「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性をはじめ、複数の脆弱性に対処するアップデートをリリースしたが、同更新で修正した一部脆弱性が悪用されていることが判明したもの。

リモートよりコードを実行されるおそれがある「サーバサイトテンプレートインジェクション(SSTI)」の脆弱性「CVE-2022-22954」は、非公開で報告されたものだが、その後実際に悪用されていることが確認された。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」における同脆弱性のベーススコアは「9.8」。脆弱性の重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。「VMware Identity Manager」を利用する「VMware Cloud Foundation」「vRealize Suite Lifecycle Manager」なども同脆弱性の影響を受ける。

「CVE-2022-22954」に対処したアップデートでは、同脆弱性以外にも「CVE-2022-22955」「CVE-2022-22956」をはじめ、重要度が「クリティカル(Critical)」とされる複数の脆弱性に対処しており、あわせて注意が必要。

(Security NEXT - 2022/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に
MS、5月の月例パッチで脆弱性73件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
「Magnitude Simba」のODBCドライバなどに脆弱性
富士通製のセキュリティ帯域制御製品に深刻な脆弱性