Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Google、複数脆弱性に対処した「Chrome 100.0.4896.88」をリリース

Googleは、WindowsやmacOS、Linux向けにブラウザのアップデート「Chrome 100.0.4896.88」をリリースした。

現地時間3月29日に「同100」をリリースして以降、2度目のセキュリティアップデート。4月4日に脆弱性「CVE-2022-1232」へ対処した「同100.0.4896.75」を公開したが、わずか1週間でさらなる更新を実施した。

今回のアップデートでは、セキュリティに関する11件の修正を実施。CVEベースで10件の脆弱性に対処したことを明らかにしている。

脆弱性の重要度を見ると、4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれておらず、1段階低い「高(High)」が8件。

「CVE-2022-1305」をはじめ、解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性5件に対処したほか、実装の不備やポリシー適用の不備などへ対処している。

あわせて「中(Medium)」とされる脆弱性2件を修正した。同社では数日から数週間をかけてアップデートを展開していく予定。今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2022-1305
CVE-2022-1306
CVE-2022-1307
CVE-2022-1308
CVE-2022-1309
CVE-2022-1310
CVE-2022-1311
CVE-2022-1312
CVE-2022-1313
CVE-2022-1314

(Security NEXT - 2022/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム
多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開