Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「e-Gov」の利用者向けサポートデスクでメール誤送信 - デジタル庁

デジタル庁は、同庁が運営する行政ポータルサイト「e-Gov」の利用者向けのサポートデスクにおいてメールの誤送信があったことを明らかにした。

業務を委託しているNTTデータにおいて、3月30日に利用者から電子申請の利用方法について問い合わせがあり、複数回のやり取りを行っていたが、4月4日19時前に回答のメールを送信した際、異なる利用者へ送信するミスが発生した。

翌5日にメールを受信した利用者より同社へメールの内容が異なるとの指摘があり、問題が発覚。同日同社より同庁へ報告があった。

本文中には、これまでやり取りがあった利用者のメールアドレスが記載されていた。回答内容はサイトの利用方法に関するもので内容については複数でチェックしていたものの、類似した質問を寄せていた異なる回答者にメールを送信してしまったという。

関係者に謝罪し、誤って送信したメールの削除を依頼。業務委託先に対してはフローの見直しなどすぐに実施できる対策を講じ、システム上の対策などについても検討するよう求めた。

同庁では、4月1日にもメールの誤送信が発生しており、今回の問題についても深刻に受け止めているとし、不特定多数と対外的にやり取りする部署で問題が生じており、あらためて厳しく情報管理していくことを庁内に周知。システム上で実施できる対策についても検討するとしている。

(Security NEXT - 2022/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム
メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本
就職活動のヒアリング結果を学生に誤送信 - 近畿大九州短大
マスコミ宛てメールで誤送信、メアドが流出 - 東京都公園協会
保険福祉関連で2件の誤送信事故 - 群馬県
医療費助成受給者の個人情報含むファイルを他自治体へ誤送信 - 浦添市
メール誤送信でマラソン参加者のメアド流出 - 産経新聞
個人情報含むファイルを第三者へ誤送信 - 東急ウェルネス