Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「e-Gov」の利用者向けサポートデスクでメール誤送信 - デジタル庁

デジタル庁は、同庁が運営する行政ポータルサイト「e-Gov」の利用者向けのサポートデスクにおいてメールの誤送信があったことを明らかにした。

業務を委託しているNTTデータにおいて、3月30日に利用者から電子申請の利用方法について問い合わせがあり、複数回のやり取りを行っていたが、4月4日19時前に回答のメールを送信した際、異なる利用者へ送信するミスが発生した。

翌5日にメールを受信した利用者より同社へメールの内容が異なるとの指摘があり、問題が発覚。同日同社より同庁へ報告があった。

本文中には、これまでやり取りがあった利用者のメールアドレスが記載されていた。回答内容はサイトの利用方法に関するもので内容については複数でチェックしていたものの、類似した質問を寄せていた異なる回答者にメールを送信してしまったという。

関係者に謝罪し、誤って送信したメールの削除を依頼。業務委託先に対してはフローの見直しなどすぐに実施できる対策を講じ、システム上の対策などについても検討するよう求めた。

同庁では、4月1日にもメールの誤送信が発生しており、今回の問題についても深刻に受け止めているとし、不特定多数と対外的にやり取りする部署で問題が生じており、あらためて厳しく情報管理していくことを庁内に周知。システム上で実施できる対策についても検討するとしている。

(Security NEXT - 2022/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

案内メール誤送信で会員のメアド流出 - 生活クラブ生協
個人情報含む社内向けテストメールを外部へ誤送信 - M&Aクラウド
シンポジウム案内メール誤送信、メアド流出 - 会津若松市
メール「CC」送信で会員企業のメアド流出 - いばらき量子線利活用協議会
法人カード利用企業の情報をメールで誤送信 - UPSIDER
メール誤送信で歴史ツアー参加者のメアド流出 - 横須賀市観光協会
廃棄物運搬事業者への事務連絡メールで誤送信 - 横須賀市
保育施設運営事業者へのメールで誤送信、メアド流出 - 大阪市
文化振興財団においてメールの誤送信が発生 - 豊田市
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - クリアソン新宿