Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

無許可で児童名簿をメール送信、宛先誤り第三者へ - 練馬区小学校

東京都練馬区は、小学校の教諭が別の教諭に児童の名簿をメールで送信した際、誤って第三者に送信するミスがあったことを明らかにした。

同区によれば、3月22日に教諭が、新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者となり自宅待機中となっている別の教諭の自宅パソコンへメールで児童の名簿を送信しようとしたところ、無関係のメールアドレスへ送信するミスが発生したという。メールが届かないことから誤送信へ気がついた。

誤送信した名簿には5年生1学級40人分の氏名、学年、クラスが記載されていた。同校では個人情報の送信を原則禁止しており、送信にあたり校長の許可が必要だが、許可は得ていなかった。

同校では、対象となる学級の保護者に謝罪。送信先は特定できていないが、同校では誤送信先に対して、謝罪するメールを送信し、削除を依頼している。

(Security NEXT - 2022/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

共通テスト追試申請書をFAX誤送信 - 静岡大
メールの誤送信で職員を戒告処分 - 嘉手納町
点訳ボランティア宛の案内メールで誤送信 - 堺市の指定管理者
都委託先でメール誤送信 - セミナー申込者のメアド流出
児童の遅刻欠席情報、職員間のメールを保護者に誤送信 - 八代市
再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム
メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本