Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスでメアド流出の可能性 - 岡山県医師会

岡山県医師会は、サーバよりサイト利用者に関するメールアドレスが外部に流出した可能性があることを明らかにした。

同会によれば、3月31日23時前に同会のウェブサイトが使用するサーバに対して不正アクセスがあり、生涯教育申請の際に入力されたメールアドレス最大1705件が流出した可能性が判明したもの。

同会では攻撃元のIPアドレスを遮断し、攻撃対象となったプログラムの修正を実施。また、メールアドレスが流出した可能性のある関係者に対し、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2022/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アンティーク雑貨通販サイトに不正アクセス - ジョイフル本田
みそ通販サイトの侵害、ログイン用PWも流出した可能性
サッカー用品通販サイトに不正アクセス - 不正注文後に侵害
セガ子会社のメールアカウントの侵害、 あらたに3件判明
ECサイトで個人情報流出、クレカ不正利用の可能性 - 松井酒造
Dropboxの電子署名サービスに不正アクセス - 顧客情報が流出
福岡飲食店のECサイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
人事情報の不正閲覧で職員2人を処分、以前から漏洩のうわさ - 筑前町
eモータースポーツ公式アカウントの乗っ取りで個人情報流出の可能性
問合フォームに別人の個人情報、キャッシュ設定不備で - ソフト開発会社